幼なじみ

この春画は、幼なじみの物語。

美男子といたしている右の女の子は、”おつび”。
彼女は、貧乏な家の出。
でも、今は自分の努力で、裕福かつ、幸せになりました。

ひとりで慰めている左の女の子、”おさね”
聞き覚えありますか?そうです、彼女です。

彼女は、とても裕福な家の出。
でも、今は自分の失敗で、貧乏かつ、幸せもなくなりました。

実は、この場面、彼女たちは20年ぶりの再会です。

しかし、葛飾北斎の浮世絵は、体のライン、指の角度、など美しいですね!


萬福和合神
葛飾北斎
1821年

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!