コンドーム

なんと、この春画には、コンドームが描かれています。
江戸時代からあったようです。

それにしても、ぶあつ!!
動物の皮から作られているらしく、その使い心地は…。
あまり評判のよいものではなかったようです。

この春画は、前にも紹介したこの春画「夏のおもちゃ
の秋版になります。

コンドームはいいとして、その上のおもちゃ、なにっ!!?
こわっ。


閨中女悦笑道具
渓斎英泉
1822年頃

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!

コメント

  1. ryutaroh より:

    二度目の投稿~です 上図の説明文
    閨中女悦笑道具(けいちゅうにょえつわらいどうぐ)
    革形(かわがた)茎袋(きやうたひ)と云う。
    秋二(あきに)と云ひてあきは交接二度に限る。
    茎袋は薄き唐革(とうかわ)にて作り、蛮名をリユルサックという。
    淫汁(いんすい)を玉門(ぼぼ)の中へ漏らさぬための
    具にて懐妊せぬ用意なり。
    悋気(りんき)の輪 は外の女に交合(とぼし)せぬ為
    萎(なえ)たる玉茎(へのこ)の毛を以て結付おく。
    起る時、へのこ痛みてたへがたし。