円山応挙

円山応挙は、とても有名な絵師の一人です。
詳しくない人でも、その名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

彼の絵の特長は、力強さと繊細さ。
代表作はこちらをご覧ください。
どれも、繊細でいて、力強さを持っていますね。

実は、円山応挙も春画を描いているんです。
タイトルは「すえつむ花」。
末摘花(すえつむはな)とは、『源氏物語』五十四帖の巻名のひとつらしいです。
源氏物語の中でも、意味のある巻のようですので、それをリスペクトした作品なのかもしれません。

円山応挙の春画は多くありませんので、その特長をお楽しみください。


すえつむ花
円山応挙
1887

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!