妊婦

右の老婆は、自分の育てる姫の病気を治すため、妊婦の生き血を探しにでかけました。
この春画は、まさに見つけた妊婦を殺してしまうところを描いたものです。

しかし、その妊婦は老婆の実の子供でした。
それに気づかず殺めてしまった老婆は、悲しさのあまり鬼婆となってしまいました。。


安達原一ツ家之図
歌川国芳
1856年

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!