お茶屋

とある、お茶屋での場面。
彼女の名前はお仙。
この店の看板娘です。

彼は、客か主人か。
(お茶を飲んでいるから客なのかな?)

彼らの行為は、裸で交わる様子よりもエロい。
なぜだ。。


お仙
鈴木春信
1770年頃

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!