裸の女と猫

この構図、どこかで見ましたね。
そう、この春画「少女と猫」です。
これは、歌麿の春画?でしたが、今回は豊国です。

実は、歌川豊国の春画は、ものすごく多いんです。春画に限らずですが。。

なぜならば、歌川豊国という名前は、襲名されるものなのです。(歌川豊国 – Wikipedia
2000年ぐらいまで、6代目がいたらしいです。

なので、一方で豊国の浮世絵は、現代でも他と比べて価値があまり高くないとも。
皮肉なものです。。


題名不明
歌川豊国

シェアする

フォローする

春画スニーカー「笑ひ絵」
春画スニーカー「笑ひ絵」 春画の素晴らしさを世界に知ってもらうべく、商品を作ってみました。まずは、第一弾、春画スニーカー。これを履いて、世界に出よう!